JAPAN STEEL CAN RECYCLE ASSOCIATION お問い合わせ
スチール缶リサイクル協会
HOME
スチール缶を知る スチール缶リサイクル 協会の概要 STEEL CAN AGE スチール缶リサイクルQ&A
スチール缶って? いろいろなスチール缶 缶詰の歴史 ぶりきの語源 飲料缶登場の流れ
スチール缶のあれこれ 缶を作る技術 意識調査2003
スチール缶って?
飲料缶
飲料缶・食料缶
●スチール缶は、缶ジュースや缶コーヒーなどの飲料缶のほか、みかんや魚の缶詰などの食料缶、のり・お茶・クッキーなどの一般缶、食品用などの18リットル缶(一斗缶)に使われています。

●飲料缶と食料缶を合わせた生産量は、平成22年で467千トンであり、スチール缶の生産量の約80%を占めています。
スチール缶の主成分
鋼の成分は缶用・自動車用・鉄筋・家電用とも同一に近い成分であるため、一緒に混ぜて溶解することが可能です。

国内で缶用鋼板を製造する6箇所の製鉄所では、スチール缶スクラップを使用しており、これは製缶工場で再びスチール缶にもどっていきます。また、鉄筋も熔解されて缶用鋼板がつくられています。

このようにスチール缶は、自動車・レール・家電・鉄筋や再びスチール缶になるなど、さまざまに形を変え、リサイクルされているのです。
いろいろなスチール缶
一般缶
一般缶

18リットル缶
18リットル缶
下のマークは、飲料用スチール缶と他の容器とを区別するために付けられています。
リサイクル法によって、飲料用包装容器の分別収集を促進するため、識別表示することを義務づけられたためです。
飲料用の缶は資源有効利用促進法の規定に基づいて材質を示すマークが定められています。

飲料缶マーク (飲料缶マーク)


その他に下のようなマークがあります。
一般缶(菓子や茶の缶)については全日本一般缶工業団体連合会が、18リットル缶については全国18リットル缶工業組合連合会が、消費者が分別排出する時に「スチール缶」であることがわかるようにマークを制定しています。

一般缶マーク (一般缶マーク)  18リットル缶マーク (18リットル缶マーク)
Copyright